原発の停止と太陽光発電の必要性の増加

太陽光発電のパネルへの疑問解消します原子力発電所がまだ日本全国で稼働していた時、電力を24時間安定供給するためには一定量の発電を続ける必要があります(これをベース電力と言います)ので、このベース電力は主に原発が担っておりました。

原発はその構造上、出力の上げ下げが難しいこともあって、ベース電力を担当していた側面もあります。夏の早朝の太陽光発電電力は、このベース電力に押されて電力潮流に乗せられることなく、無駄に捨てられておりました。

ところが昨年発生した震災により、状況は一変しました。


電力会社が原発稼働の自粛を始めたのです。これにより、ベース電力供給の担い手は火力発電などに移りましたが、火力発電は原発よりも発電コストが高く、ベース電力の供給が電力会社の負担としてのしかかるようになって来ました。
しかし、これは見方を変えれば太陽光発電のチャンスと言えます。
火力発電は原発に比べれば発電出力の調整の自由度が高く、そのためベース電力の出力を絞ることも可能になるからです。

そのため、これまで無駄に捨てられておりました夏の早朝の太陽光発電電力を電力潮流に乗せることができるようになり、太陽光発電システムを利用している需要家の収入増が期待できるようになりました。
電力消費のピークは季節によってやや異なりますが、真夏では昼間にピークが訪れます。

太陽光発電は夏の昼間に最も多くの電力を生み出しますから、ピークカットに大いに貢献します。


ただ、電力を貯めておくことができないのが難点ですが、震災によって蓄電池の研究・開発は大いに刺激されており、今後の展開が期待されます。

このように、相次ぐ原発の停止が太陽光発電の必要性を増大させている状況が理解できます。

ただ、国中の屋根という屋根に太陽電池パネルを載せてもまだ電気は足りません。

火力発電ありとは言いましても、中東情勢の変化によって燃料供給が不安定になるリスクもあります。

ですから、太陽光発電が新エネルギーの柱の一本になることは間違いないでしょうが、エネルギー源の多様化を図ることも忘れてはなりません。

http://www.pc3r.jp/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3
http://www.jipdec.or.jp/archives/jedic/jedic/members/CSAJ.html

お客様に相応しい鶴見の不動産情報を検索しましょう。

今探すならこちらの京都の介護の求人情報を探しましょう。

あなたにぴったりの若返り方法の役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

アスベストの解体の情報を掲載しています。

名古屋のメンズエステの情報をご説明します。